現金化のどこが違法になるの?

クレジットカードの現金化には換金率などのほかに、2種類の方法があります。
キャッシュバック方式と、買い戻し方式と言って、どちらも現金化に利用できるものです。
しかしクレジットカード現金化が違法だといわれる理由が隠れている部分でもあり、実際に現金化をするときに気を付けて利用するためにも必要な情報となります。

キャッシュバック方式とは?

キャッシュバック方式というのは、世間でよくあるキャッシュバックと全く同じ仕組みで違法性などはほとんどありません。
例えば、流行りの商品を購入すると今なら1万円キャッシュバック!というようなことはよくありますし、商品によってはキャッシュバック部分が大きな金額のものもあります。

クレジットカード現金化でキャッシュバック方式を採用している業者は、初めからキャッシュバック付きの商品を利用者にカード決済させていることになります。
そしてこのキャッシュバック方式は現状のクレジットカード現金化業者の間では主流となっているものです。

買い戻し方式とは?

買い戻し方式というのは、業者が指定するショップなどでカード決済で商品を購入するところまでは特に問題がありませんが、その後、購入した商品を現金化業者が買い取ることによって現金化を達成するものです。
そのため購入した商品は一時的に自分の手元に来ますが、原則残ることはありません。

クレジットカード現金化の方法としては利用者から見れば商品が手元に残りませんので非常に後腐れないやり方で良いのですが、実はこの買い戻し方式の方が違法性があると指摘されているところです。
法的な問題もあるのですが、その前に、クレジットカードそのものは、転売や売却利用の目的で商品を購入することを禁止しているので、利用規約違反となることがあります。

そしてこうしたやり取りそのものが金融業として認められると完全に違法な状態となります。
クレジットカード現金化の違法性について「クレジットカードの現金化に詳しい私が法律関係を調査してみた」で説明しているので、しっかりとチェックしてください。