クレジットカード現金化が利用規約に抵触する理由

クレジットカード現金化は、ネット上では合法や違法などさまざまな情報が飛び交っていて、本当のところはどうなのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。
その真相やクレジットカードの利用規約について詳しく見ていきましょう。

クレジットカード協会では禁止している

クレジットカードのショッピング枠を換金率に合わせて現金化をすることは、実際のところクレジットカード協会で禁止されています。
これはクレジットカードのショッピング枠はそもそもショッピングに利用するもので、現金を用意するためのキャッシング枠がちゃんと設置してあるために用途が違うことから禁止されています。
クレジットカードの用途として換金目的で商品を購入する行為は本来のクレジットカードの使い方ではないことから、会員規約にも利用規約にも抵触しているといえます。
クレジットカード協会では、クレジットカード現金化が及ぼす影響を挙げて注意喚起を促しているほか、場合によっては対策を取ることも明記しています。

カード会社に現金化していることがばれた場合どうなるのか?

カード会社に現金化のためにショッピング枠を利用したことがばれると、そのカードは利用停止になります。
この利用停止処分は、初回の場合は警告程度のもので、一定期間を過ぎるとクレジットカードの利用が再開されることがほとんどです。
しかし2回目以降バレたときは、本格的な処分となり、クレジットカードの利用停止はもちろんのこと、会員資格の停止、つまり強制退会などの処分となります。
もちろん、強制退会となればそのカード会社にはもう2度とカードを作る事ができなくなるなど、今後の生活にも大きな影響を与えます。

クレジットカード現金化によって予測されるリスク

クレジットカード現金化をすることで、カード会社にバレてしまうと信用を失い、最悪利用停止や強制退会の処分があります。
しかし実際にはこのほかにも大きなリスクがあり、それは利用者にとって重要なリスクとなっていきます。
クレジットカード現金化は確かに現金を手にすることができるものの、カード会社への返済が残ります。
もともと現金のない状態で現金化をするということは、債務を増やす行為になります。
その後、多重債務を抱えてしまい自己破産しようとしても現金化していることがバレているときは免責とならない恐れも出てきます。

必ずしも多重債務を抱えるとは限らないものの、リスクや法律について「クレジットカード現金化即日入金が可能になる情報まとめました」で詳しくピックアップしています。
熟読して理解を深めると良いでしょう。